専門用語は要注意

専門用語には翻訳者の力量が表れます

日常会話の様に誰もが使う言葉であれば、一般的な翻訳で困ることはそうそうないかもしれません。けれど、専門用語が出てくる場合には注意が必要です。特定の分野でしか使われない専門用語を扱う場合には、翻訳者がその分野に精通していることが求められます。同じ語学力でも、経験や専門分野の差で、仕上がりに大きく差が付くことは少なくありません。どの翻訳者に頼んでも意味が通る様に翻訳をするといった点では何とかなるかもしれませんが、ミスがなく自然な表現かどうかといった点や仕上がりのレベルなどは誰に翻訳を依頼するかで大きく異なります。ニ度手間にならない様にするためにも、専門用語が使われる分野に精通している翻訳者に依頼することがおすすめです。

言い回しが翻訳の出来を左右します

Aという言語で表現されているものを、Bという異なる言語に表現し直すのが翻訳です。その際、意味するところを変えず、原文のニュアンスを出来るだけ正確に表現出来るほど優れた翻訳と言えますが、翻訳者の力量に左右されるところと言って良いかもしれません。特に、専門用語を扱う分野では、用語だけでなく言い回しが鍵になります。該当分野で通例となっている言い回しや特定の事項を説明する場合に使われる表現がある場合、しっかり対応出来るかどうかで翻訳文の出来は大きく変わります。専門分野に精通していないと、翻訳自体は意味が通っており間違っていないものの、適した言い回しが見過ごされ、クオリティの低いものが出来上がってしまうことも少なくありません。原文に使われている言語と翻訳する言語の両方で、該当する分野に詳しい翻訳者に依頼することがおすすめです。

© Copyright Prepare Site Translation. All Rights Reserved.