翻訳家によって表現は様々!

翻訳後のデータには翻訳家の個性がでる

同じ内容を翻訳した場合でも、翻訳家が違えば訳文の雰囲気が異なることはよくあります。一つの小説を異なる翻訳家が訳しているのを読み比べるとそのことがよくわかります。小説やコラムなどの場合、直訳ではなく意訳されることがほとんどなので、同じ内容でも翻訳家の意味のとらえ方に違いがでるのです。また、どうしてもその翻訳家の得意な文体(カジュアルな感じ、やわらかい感じ、少し硬い感じなど)になりがちです。小説の登場人物の会話などは翻訳家によって表現に大きな違いがでることもあります。それに対して、事実を正確に伝える必要があるドキュメンタリーや技術文は、意訳されることが少なく直訳に近いため、翻訳家が異なっても小説のように訳文に違いがでることはそれほどありません。

希望する文体があれば翻訳家に指示を

では、もし小説やコラムなどの翻訳を依頼するときはどうすればよいのでしょうか。その場合は依頼者が求めている雰囲気や文体を正確に翻訳家に伝える必要があります。もし好みの翻訳家を指名できるのであれば、それがベストでしょう。できれば翻訳される小説やコラムの背景となる文化圏での生活経験がある翻訳家のほうが、よりよい表現を期待できます。またドキュメンタリーや技術文の場合でも、硬い感じや、やわらかい感じなどのイメージは指定することができます。難しい内容でも、表現を少しやわらかくすることで、読者が内容を理解しやすくなることがあります。対象となる読者がその分野の専門家でない場合は、訳文の表現をやわらかくすることが特に有効となります。

© Copyright Prepare Site Translation. All Rights Reserved.