誤訳もあり?自動翻訳の注意点

専門用語には注意が必要

自動翻訳は翻訳スピードが速く、無料で利用できるサービスもあるので利用されている方は多いのではないでしょうか。ここ数年で自動翻訳の精度はずいぶん高くなり、長文であっても概要であれば内容をある程度正確に理解できるので、適切に活用すれば大変便利なものです。それでも利用する場合は、いくつか注意点があります。まず、翻訳する文書に専門用語が含まれる場合、必ずしも正確に訳されているとは限りません。ですから、翻訳された文書を自身で利用するだけであれば問題はないかもしれませんが、複数の人と文書を共有する場合や公開する場合は翻訳後の確認が必要になります。そうなると、自動翻訳を利用する人にある程度の語学力が求められることになります。

文章が複雑になると訳抜けが起こる場合も

もう一つの注意点は訳抜けが起こる可能性があるということです。たとえば、英文で一文が非常に長く複雑な場合、自動翻訳ではどうしてもうまく処理できずに、訳抜けが起こることがあります。つまり、高い精度を求めるのであれば自動翻訳のみでは不十分で、どうしても人による翻訳後の確認が不可欠になるのです。この点を理解したうえで利用すれば、自動翻訳は非常に便利なサービスです。特にある程度語学力のある人で自動翻訳の欠点を補うことができる人であれば、翻訳作業の効率も格段に上がり、おまけに無料のサービスもあるので利用しない手はありません。また、インターネットが普及することでグローバル化が急速に進んでいるため、自動翻訳の精度は今後もさらに改良が進むことが期待できます。

© Copyright Prepare Site Translation. All Rights Reserved.